300年前のそば!?

金塚駅近くの山岳手打ちそば「一寿」さんへ行ってまいりました。

こちらではこの度、堀部安兵衛が食べていたであろう元禄時代のそばを復元したということで

興味深々で出かけてきました。その名も『堀部安兵衛討ち入りそば』!!

何か覚悟を決めるときにぴったりなネーミングですね。

国道7号線金塚駅近くのセブンイレブンの角を曲がると右手にお店が見えてきます。

店内は山側に大きな窓があり、山肌に生える夏草が非常にきれいでした。

さて、目的の安兵衛ソバはといいますと・・・

↓こちら!!

元禄時代は、醤油というのは非常に高価なものだったそうで、味噌だれで食されていたそうです。

味噌だれと聞いており、どろっとしたものを想像していたのですが、

出汁のようにさらっとしており、ほのかに味噌の風味がする程度でした。

焼き味噌やミカンの皮、岩のりなど7種類の薬味で風味豊かに楽しみました。

現代のそばつゆもセットになっており、300年前の味と現代の味を比較しながら楽しめます!

私のように好奇心で食べるのもよし、プロポーズ前、試合前など気合を入れるときにもよし、普通に食べるのもよし!ぜひお試しください!!

【お店情報】

山岳手打ちそば 一寿

http://shibata-info.jp/archives/eat/%e4%b8%80%e5%af%bf%ef%bc%88%e3%81%9d%e3%81%b0%ef%bc%89

ホームページ

http://www.ichijyu.com/

category:観光協会職員ブログ