見る・楽しむ  市街地 

太平山 瑞雲寺

ポイント

太平山瑞雲寺は新発田藩太祖溝口秀勝公の奥方が開基建立された寺で御本尊は釈迦牟尼仏であります。慶長三年秀勝公が加賀の大聖寺より新発田御入封により開基、寺名を玉窓寺としました。
寛永十一年奥方は御地界になり遺命により玉窓寺に御埋葬、法名は瑞雲院殿超岳宗外大姉と申されます。御関基の故をもって院号戴き寺名を瑞雲寺と改められました。
御本尊の釈迦牟尼彿の木像は瑞雲院さまが肌身離さず護持されたものを御本尊として納められたものであります。



概要

名称
太平山 瑞雲寺
お問合せ
0254-22-4584
所在地
新発田市中央町1-1-8
利用ガイド
「見学自由」 
本堂を見学の際はお声をかけてください。
10月中旬に「瑞雲の日」講演会等の行事あり。
交通アクセス
駐車場あり 普通車5台程度

スポットマップ

大きな地図を開く

  • 準備中
  • 準備中
  • 準備中

ページTOPへ ページトップへ