見る・楽しむ 

豊田神社

ポイント

豊田神社由緒:豊田神社には、新発田藩太祖溝口秀勝侯を始め歴代藩主の御神霊をお祀りしております。八代藩主直養(なおやす)侯が城内に地を卜し、奉先堂と称する一宇を建立し、祖宗を奉祀されたのがはじまりです。明治七年、五十公野お茶屋の庭園に移築され、かつての豊田の荘の地名をとり豊田神社と称することになりました。太祖秀勝侯は蘆萩茫々(ろてきぼうぼう)の湿地帯の開墾を決意し歴代藩主もその遺志を継ぎ現在の大蒲原平野を現出させたのはあまりにも有名です。



概要

名称
豊田神社
お問合せ
0254-26-6789 新発田市観光協会 TEL.0254-24-2579 豊田神社
所在地
〒957-0021 新発田市五十公野5403
利用ガイド
6月13日に豊田神社まつりがおこなわれます。
旧知事公舎・奉先堂奥の石段を上がって下さい。五十公山 の頂上に神社があります。
交通アクセス
■電車でお越しの方
JR白新線・羽越本線「新発田駅」よりタクシーで15分
■車でお越しの方
日本海東北自動車道「聖籠新発田IC」より車で20分
■駐車場
20台(普通車)

スポットマップ

大きな地図を開く

  • 準備中
  • 準備中
  • 準備中

ページTOPへ ページトップへ