滝谷森林公園食堂がオープンしました!

4月26日(土)に滝谷森林公園の食堂がオープンしました!

10月末まで土・日・祝日のみ営業しております。

今年は新メニューを用意して皆様のお越しをお待ちしております。ふぁ

メニュー一例

・オニコロ(紫米入りおにぎりコロッケ2個) 400円

・新発田雑煮 600円

・紫米うどん(紫雲寺特産品) 700円

お知らせ » 未分類

詳しく見る

旧県知事公舎記念館「春の園遊会」 開催!

DSC_0468
築105年を迎え、「食の迎賓館」としてリニューアルした旧県知事公舎を会場に、お花見と併せて昼食会・園内散策、お茶会をお楽しみいただきます。

(この催しでは、風情を演出するため、着物を着用して参加していただくことにしています)

 

日 時 : 平成26年4月29日(火)午後0時~ (午前11時30分受付開始)

内 容 : ・昼食(割烹北辰館 松花堂弁当、吸い物、デザート付)

                  ・園内散策、茶会(表千家流宗月会)

料 金 : 3,000円(昼食、お茶代等)

定 員 : 30名(先着順)※希望する方へは、着物貸し出し、着付けも行います。(先着15名、別途5,000円が必要)

 

問合わせ・申込先 : 4月22日より受付開始

                                      新発田市観光振興課 ☎0254-22-3101

 

お知らせ

詳しく見る

新発田城址公園桜まつり

4月12日、13日と城址公園桜まつりのイベントを開催いたしました!!

ここ数年で珍しく桜が見ごろとなり、今年こそは!とスタッフの期待が高まる中、週末の天気予報はくもり。

しかし!当日は見事快晴で珍しく2日間とも青空が広がりました~。ご来場いただいたみなさんは暖かい日差しの中、公園の芝生の上でくつろいだり、ステージイベントを見ていただいたり、おいしい屋台に舌鼓を打ったりと楽しんでいただいたようです。

今年は月岡温泉開湯百周年ということで、イベントも月岡温泉関連のものを行いました。

そのうちの一つ↓月岡温泉足湯。

月岡足湯

入っているのは御免町小学校安兵衛太鼓部のみなさん。硫黄含有量全国トップクラスといわれる美人の湯「月岡温泉」を新発田城址公園まで持ってきました(ちゃんと保健所の許可をとりましたよー)。イオウの香りも漂い、温泉気分満点。たくさんの方々に楽しんでいただきました♪♪

ご来場者のみなさん、どうもありがとうございました。

出店者のみなさん、大変お疲れ様でした!!

 

新発田城址公園は4月20日までライトアップしています。

 

観光協会職員ブログ

詳しく見る

もうすぐ咲きます(月岡温泉)

 

月岡温泉カリオンパークの菜の花と桜の様子です(4月5日)もうすぐ色とりどりの春が来ますねー^-^

月岡温泉観光協会HPはこちら

ご当地ガイドブログ

詳しく見る

初モノいただきました!

「江戸屋餅菓子舗」さんの摘みたてのヨモギを使った
お餅をいただきました!
とっても柔らかい餅に香りよい地元産ヨモギがふんだんに使われ、
とっても贅沢な一品です!
江戸屋さんは他にも通年通して醤油団子が人気商品です。
ぜひご賞味ください!!

ブログ

詳しく見る

阿賀北の食 堪能会が新発田市で開催

城下町新発田の名園「清水園」で味わう阿賀北の食 -新発田市-

~老舗の酒蔵見学と新緑の日本庭園散策~
季節の野菜をはじめ、地元の旬の食材を使ったお食事を、国指定名勝の日本庭園を眺めながらご堪能ください。

<会場> 清水園
清水園は、江戸幕府の茶道方であった縣宗知(あがたそうち)が築造した国指定名勝の日本庭園、広く池に面した京間座敷のある数寄屋風建物の書院、大池泉を巡るように点在する趣の異なる五つの茶室が見事に調和しており、かつて清水谷御殿(しみずだにごてん)と呼ばれた新発田藩下屋敷の面影を今に伝えています。昭和21年から財団法人北方文化博物館の管理するところとなり「清水園」と名付けられました。

<日時>
第1回 平成26年5月25日(日)16:00~
第2回 平成26年6月22日(日)16:00~
<料金> 4,980円(税込) ※飲み物代は別途。
※お食事は特製「野点弁当」となります。
※お茶(ペットボトル500ml)1本付。
<定員> 各回20名(合計40名)
<食事提供> 新発田食探訪実行委員会(魚松、魚喜久、金子屋別館、さゞ波、志まや、末廣、多奈可や、はまや、圓山)
<筝曲演奏> 生田流筝曲翔祐会(新発田市)
<庭園案内> 新発田市観光ガイドボランティア協会

<酒蔵見学>
新発田市内には4つの蔵元があり、様々なこだわりの銘酒が作られています。清水園に近接する「市島酒造」は寛政年間(1790年)創業の老舗の蔵元で、全量、新潟県産の酒米を使用しています。お食事前の酒蔵見学で、新発田の地酒の魅力を体感してください。

【お申込み先】新発田地域振興局企画振興部 TEL/0254-22-8612 FAX/0254-22-1447

お知らせ

詳しく見る