見る・楽しむ 

神明宮

ポイント

神明宮由来  神明宮宮司 畠山 邦安    :新発田七代藩主溝口直温は、治水と新田開発に力を入れた。そして領内の豊作と安全祈願から、伊勢神宮の外宮の神「豐受大神」のご分霊を、寛延元年(1748年)現在地にお祀りした。人々から「おしんめいさま」と呼び親しまれている神明宮は、例大祭が9月25日・26日の両日で、平成13年より「新発田豊年秋まつり」と名称を変え賑々しく行われている。



概要

名称
神明宮
お問合せ
TEL.0254-23-1096 神明宮社務所
所在地
〒957-00 新発田市大手町1-5-9
利用ガイド
境内の参拝は自由にできます。
9月25・26日に神明宮例大祭
交通アクセス
■電車でお越しの方
JR白新線・羽越本線「新発田駅」よりタクシーで5分  
■車でお越しの方
日本海東北自動車道「聖籠新発田IC」より車で10分
■駐車場
10台   

スポットマップ

大きな地図を開く

  • 準備中
  • 準備中
  • 準備中

ページTOPへ ページトップへ