見る・楽しむ  市街地 

新発田城

ポイント

新発田城は、別名「あやめ城」とも呼ばれ、初代新発田藩主溝口秀勝(みぞぐちひでかつ)侯が慶長3年(1598年)に築城し、3代宣直(のぶなお)侯のときに完成しました。

新発田城は一般に多くある山城とちがって、政治・経済の中心として交通の便利さを考え、平地につくった平城です。石垣がすき間なくかみ合うようにきちんと積まれる「切込はぎ」と呼ばれる美観を重視した技法でつくられ、北国の城特有の海鼠壁は全国的にも珍しいものです。 春の桜の季節、真冬の雪をすっぽりかぶった様子、四季折々の風情があります。

城の表門前に、すっと立っているのが堀部安兵衛の像。赤穂義士の討ち入りで中心的な役割を果たした安兵衛。像の顔は、しっかりと江戸を見つめています。新発田城はかつて本丸、二の丸、三の丸からなり、堀や石垣に囲まれ、新発田川の水を巡らせた平城で、11棟の櫓と5棟の門が並び壮観な景観を呈していました。中でも、天守閣の代わりを果たしていたのが三階櫓です。3匹の鯱を配するという独特の櫓で、全国にも例がない大変珍しいものです。平成16年には、この三階櫓、辰巳櫓が復元されました。



概要

名称
新発田城(国指定重要文化財)
お問合せ
℡0254(22)9534 新発田市役所生涯学習課
所在地
新潟県新発田市大手町6丁目
利用ガイド
開門時間 午前9時~午後5時(11月のみ午後4時30分閉門)      
開門期間 4月~11月
入場料 無料
交通アクセス
■車でお越しの方 
日本海東北自動車道 聖籠新発田I.Cより車で10分
■電車でお越しの方
JR白新線・羽越本線新発田駅より徒歩約20分
■駐車場
100台(無料)

スポットマップ

大きな地図を開く

  • 準備中
  • 準備中
  • 準備中

ページTOPへ ページトップへ